MENU

2019年 2月

2019/02/28

一月二月もまたたく間に終わろうとしています。

年長のぞう組さんとの煎茶教室も残りわずかとなりました。

先日年長さんと園長をはじめ、担任や主任の先生方、保育の先生方と一緒に星野村に出かけました。お茶の文化館ではいろんな種類のお茶がある事や、てん茶を石臼でひいて抹茶ができるところなどを見学しました。時間の都合もあり石臼体験はしませんでしたが、きっと抹茶をいただく時には思い出してくれると思っています。煎茶教室では緑茶を淹れていただく練習をしました。皆と一緒に自分で淹れたお茶をいただいた幸せなひとときを過ごせたことは子ども達にとって大切な宝物になるとうれしいと思っています。

 

煎茶教室 蒼水

ひよこ・りす〜43歩〜

2019/02/26

  先日、屋上から少し早めに戻ってきたお友達の「ポンポンしたい!」とのリクエストに応えて製作をしました。4人で机を囲むお友達!!
筆と絵の具を入れたカップを4つ用意して「どうぞ〜!」と渡すと・・・
最初は目の前にあった色のカップを手に取り、ポンポンとコーヒーフィルターに色をつけていました。


違う色が欲しくなったお友達は「青、ちょーだい!」や「はい!!」と隣のお友達の前に自分が使っていたカップを置きお友達が持っていたカップと交換したりと子ども同士で上手に貸し借りをしながら楽しむ姿に成長を感じました。

 子ども同士で遊んでいる時や取り合いをしている時は介入し過ぎず、見守りながら楽しく過ごしていきたいと思います!!

0、1歳児担当 ユリ

春光楽楽

2019/02/21

 柔らかな日差しとともに、少しずつ春の気配を感じるようになりました。

出勤途中、ご近所のしだれ梅が咲き乱れ、満開を迎えようとしています。朝から優しい香りに包まれほんのひと時が嬉しい気持ちになります。日本の四季の移ろいは、日々の暮らしの中で植物や生き物など色々なことを教えてくれますね。食べ物では、春が旬の野菜や果物などたくさん出回りこれから楽しみな季節になりました。

お子さまの大好きないちごや柑橘系もちろん、菜の花や、ふきのとう、春キャベツや絹さや、竹の子、新牛蒡などほろ苦い味がするのが特徴で、まさに春の味ですね!小さな頃から色々な旬の食材を親しみ、食することは生涯においてすごく大切で素晴らしいことですね。これから出回る春の味をたくさん味わっていただこうと思っています。お子さまたちの一年を振り返ってみると、四季折々の食べ物に触れ、野菜や果物の名前を覚え、毎日調理室を覗いてくれます。小さなお子さまたちも苦手な食材にも興味をもって食べるようになり残食が少なくなりました。嬉しそうに「食べたよ!」と伝えに来てくれると私たちも力が入ります。

以上児さんたちは、お手伝いが大好きで、食事の準備から食後の片付けまで上手になりました。自分で考えていろいろなことが出来るようになり、お子さまたちの成長は素晴らしいなと思います。お友達のことを思いやる場面に出くわすこともあり、大人の私のほうが学ぶことがたくさんあります。

特に三月で卒園される年長さんたちには、残り少ない園生活において、ゆたか保育園ならではの旬の味をたくさん味わっていただきたいと思います。                               

調理 ちよこ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?