MENU

2019年 6月

今日の園庭での出来事

2019/06/26

本日6月26日、ついに梅雨入りが発表されました。最近は園庭や屋上に行くことが多かったですが、しばらくは室内遊びが中心になりそうです。

今日は少し曇っていましたが、園庭に出て遊んだこぐま組のみんな。りす組や一時保育のお友だちと一緒に楽しく過ごしました。

園庭には、たくさんの虫が顔を出してくれます。先日はカエルを見つけて、みんなで大はしゃぎしました!

「先生!見て!」と声をかけられ、見に行くとキラキラ光るカナブンが!カナブンを囲んでじーっと観察していました。ひとりの男の子が勇気を出して、カナブンを手のひらに乗せると、周りのお友だちにお披露目してくれました。

だんだんと元気がなくなってきたカナブンを見て、「虫さん疲れたみたいだね。おうちに返してあげる?」と聞くと、「うん!返す!」と答えてくれました。草むらに優しく置いて、「バイバーイ」と口々に言っていましたが、やはりカナブンが気になる子どもたち。草むらの前に座り込み、様子を伺っていました。

しばらくすると、水道の方へと走って行くのが見えたので、次は水遊びかな?と思っていると、バケツに水を溜め始めました。そして、そのバケツにカナブンをイン!「え!なんで入れたの!?」と驚いて聞いてみると、「のどが渇いたみたいなの」とのこと。弱っていた姿を見て、お水をあげよう!とひらめいたようです。子どもたちの純粋さ、優しさに感動しました。

幸いにも、少し泳ぎができるカナブンだったようで、すぐに救出されました。子どもたちも満足したようで、笑顔でバイバイしました。

次はどんな生き物と触れ合えるでしょうか。とても楽しみです。

                                            こぐま組   なつき

園庭での出来事

2019/06/26

本日6月26日、ついに梅雨入りが発表されました。最近は園庭や屋上に行くことが多かったですが、しばらくは室内遊びが中心になりそうです。

今日は少し曇っていましたが、園庭に出て遊んだこぐま組のみんな。りす組や一時保育のお友だちと一緒に楽しく過ごしました。

園庭には、たくさんの虫が顔を出してくれます。先日はカエルを見つけて、みんなで大はしゃぎしました!

「先生!見て!」と声をかけられ、見に行くとキラキラ光るカナブンが!カナブンを囲んでじーっと観察していました。ひとりの男の子が勇気を出して、カナブンを手のひらに乗せると、周りのお友だちにお披露目してくれました。

だんだんと元気がなくなってきたカナブンを見て、「虫さん疲れたみたいだね。おうちに返してあげる?」と聞くと、「うん!返す!」と答えてくれました。草むらに優しく置いて、「バイバーイ」と口々に言っていましたが、やはりカナブンが気になる子どもたち。草むらの前に座り込み、様子を伺っていました。

しばらくすると、水道の方へと走って行くのが見えたので、次は水遊びかな?と思っていると、バケツに水を溜め始めました。そして、そのバケツにカナブンをイン!「え!なんで入れたの!?」と驚いて聞いてみると、「のどが渇いたみたいなの」とのこと。弱っていた姿を見て、お水をあげよう!とひらめいたようです。子どもたちの純粋さ、優しさに感動しました。

幸いにも、少し泳ぎができるカナブンだったようで、すぐに救出されました。子どもたちも満足したようで、笑顔でバイバイしました。

次はどんな生き物と触れ合えるでしょうか。とても楽しみです。

                                            こぐま組   なつき

Second(6)

2019/06/19

 

 

ある日の午前中の出来事です。

 

 

その日は雨模様で降りそうで降ってないようなお天気だったのですが、
陽が出ていないからか少し涼しく、
ポツポツ降ってきてもそのくらいへっちゃらだ!!
と、ひよこさんりすさんとテラスに出てみました。

 

ボール遊びをはじめてしばらくすると、
ぽつ……と微妙に降ってきました。

 

子ども達はどうするかな…と見ていたのですが
全く気にする様子もなく、芝生の感触を楽しみながら
ハイハイしたり走ったりしていました。

 

びしょ濡れになるわけではなかったのでそのまま遊んでいたら
公園の方からやってきたのか、「ダンゴムシ」が!

捕まえて見せると、これはなんだろう?と興味津々でじーっとみている子、
はじめて見るものに警戒しているのか少し距離をとる子、
触ってみようと手を伸ばす子と反応は様々でした。

 

 

こわくないよ、なにもしないからだいじょうぶだよ
と声を掛けながら手のひらや甲にのせてみました
すると手をよじ登っていくダンゴムシ…

 

 

どうするのかなと見ていたら
全く怖がらず指でつまんでその拍子に丸くなってしまったダンゴムシを
至近距離でじーっと見つめているK君。
そして自分の手に再びのせるとそのままつかまり立ちをして移動していきました。
その姿に私たちもふふふ…と思わず和まされました。

 

 

日頃から公園や散歩、テラスで遊んでいますが、
今回のように自然と触れ合うことはお子様達にとって、とても大切な経験となります。
今はまだ虫と触れ合うだけのひよこ組さんも
いずれは小さな命をも大切にできるようなお子様に育っていってほしいと思います。

 

 

ゆたかsecond保育園 0歳児担当 メグミ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?