MENU

園のこだわり

節分

2018/02/05

2月1日に豆まきがありました。豆は紙を丸めて、手のひらに絵の具をつけ、それをにぎにぎして模様をつけました。手のひらに色んな色の絵の具がついていくのをお子様たちは嫌がることもなく、不思議そうに見ていました。手のひらについた絵の具の感触を楽しみました。豆を入れる箱には丸いシールを貼って模様をつけました。シールが自分の手にくっついてなかなか箱に貼れずちょっと苦戦する姿も見られました。色んなかわいい箱ができました。

鬼のお面は毛糸で髪の毛をつけました。自分の好きな色を選び、たくさんのかわいい鬼さんができました。そして、いよいよ豆まきの日、豆を持って鬼さんをやっつける準備が整いました!

壁をドンドンと叩く音が聞こえ、お子様達は「なんの音だろう~」と立ち止まります。すると…テラスから赤鬼さんと青鬼さんが入ってきました。

もうお子様達はびっくりです!見たこともない怖い顔の鬼さんが入ってきて、歩けるお友達は先生の後ろに隠れたり、立ったままで何が起きてるのかわからない放心状態のお友達もいたり、座ったまま泣いているお友達もいたり、座ったまま泣いているお友達もいました。遠目で見てるだけならなんとか大丈夫でも、近くに寄られるとみんな涙涙でした…

豆を鬼さんに投げるどころではなく、逃げたり、みないように顔をふせたりするのが精一杯のようでした。

最後に先生が大きい豆を投げて、鬼さんは逃げていきました。が、お友達はしばらくは先生から離れずにいました。

豆まきの由来は「魔を滅する」と言う意味で豆をまくようになったそうです。

魔を滅して明るく楽しい1年になりますように…

 

0,1歳児担当  チヅル

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?