MENU

園のこだわり

春の旬の野菜

2018/04/11

暖かな春の陽気と共に新年度のスタートを切り、早いもので一週間がたちます。

また、お子様達のドキドキはおさまりませんが1人1人のペースを大切にしながら共に成長できるよう今年度も、ワクワク思いっきり楽しんでいきたいと思います。

 

春は、体の新陳代謝が活発になり冬にたまった余分な脂肪や老廃物を排出するように働きます。

そのため、体の解毒器官であり血液の貯蔵機関でもある「肝」が疲れて、血の流れが乱れ、のぼせや鼻詰まりなどの不調が起こりがちです。

解毒作用や肝の働きを助ける作用をもつ食材を毎日の食事に取り入れて調子を整えましょう。

 

春の野菜

 ウドー体内の余分な水分を排出し冷えを改善する

 グリーンピースー血行を良くし、消化を促進するほか解毒作用もある

 新タマネギー体を温め、血液の流れをよくする。殺菌作用があるほか便通も整える

 セリー肝の熱を冷まし水分代謝を促すほか消化を助ける

 セロリー血管を丈夫にし、血液の流れをよくする。胃腸を整え、食欲を増す

 ソラマメー尿の出をよくして、むくみを改善する、胃腸を丈夫にする

 タケノコー体の老廃物や余分な脂肪の排出を促す、便通をよくし、体内の熱を冷ます

 フキー老廃物や余分な脂肪を体外に排出する、便通をよくする

 ミツバー血液の流れをよくし、食欲を増進する、神経の興奮を鎮める

ウドやセリ、フキといった春の食材は独特のほろ苦さがあります。

この苦みが体にたまった余分な脂肪や老廃物を体外に出し肝の働きを助けます。

タケノコや山菜類は、この時季ならではの味わいでもあるので積極的に食べましょう。

また、酸味は肝の働きを補いますから梅干しやレモン、酢などを料理に取り入れるとよいでしょう。

私達、ゆたか保育園では、旬の食材をたくさん取り入れ、お給食を作らせていただいてます。

玄米ごはんに入れたり(グリーンピースごはんやちらし寿司)お汁にたくさんの旬の野菜を入れたり、酢の物のアクセントに梅肉を入れたりと作らせてもらってます。

酢の物には、レモンや柑橘類やリンゴ酢等、自然の優しい味付けになっています。

お魚にも、梅肉や大根・生姜・玉ねぎ等と煮たりしているのでおいしいですよ❕

魚嫌いなお子様や野菜が嫌いなお子様も一年間を通して克服して食べれる様になる様に、私達給食室一同、工夫して取り組ませていただきますので、本年度もよろしくお願い致します。

 

調理室  トモエ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?