MENU

園のこだわり

ピーステーブル

2018/06/08

梅雨に入り雨が降る日が続きます。毎日の送迎ありがとうございます。

さて当園の3・4・5歳児の保育室には、ピーステーブルという場所があります。

集団生活の中では、お友だちとぶつかり合い、ケンカになってしまうことがあります。

そんな時に一呼吸おいて気持ちを落ち着かせ、話し合いをする場所です。

ある時・・・ぞうぐみさんの女の子同士、2人でケンカが始まってしまいました。

それを見たお友だちが2人でピーステーブルで話しておいでとナイスアシスト。

喧嘩をしていた女の子1人は泣いていましたが、ピーステーブルにつくとピーステーブルのお約束を読み始めました。

「自分の考えをきちんと言おう。人の話しをきちんと聞こう。」

読み終えると、「よし、自分の考えを言おう!」と気合を入れたかのようにしっかりと自分の言葉で伝え始めました。

相手の女の子もしっかり話を聞き、そういうこと!そうかそうか!とお友だちの意見を聞き、そのあと気持ちを伝え納得してもらったSちゃんは泣いていたのがうそのようにすっきりとした表情で、あーいつの間にか仲良くなったね!という言葉を最後に、ピーステーブルを後にしてSちゃんとHちゃんは仲良く2人で遊びに行きました。

大人が介入し喧嘩両成敗をしてしまうと、このような姿は見られません。大人が先回りするのではなく、子ども達で解決できる姿を信じ見守ることの大切さを改めて感じました。

しかし、いつもこのように上手く解決できるわけではありません。手が出てしまいケガにつながるような危険な場合は子ども達を離し落ち着かせます。

当事者同士では見通しが立たない場合は、他のお友だちに手伝ってもらい解決に向かう方法を考え、他のお友だちの仲裁でも解決しない場合は、保育者が裁判官になるのではなく仲裁する子どものモデルとなるような仲裁方法を示すなど、場面を見極め対応していかなければなりません。

場面を見極め対応するには、保育者としての専門性を必要とします。私たち保育士もしっかり経験と勉強を積んでいきたいと思います。 

 

主任  アイ

 

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?