MENU

園のこだわり

避難訓練

2018/10/31

ゆたか保育園では毎月消火・地震・避難訓練を実施しています。

加えて水消火器を使った本番さながらの消火訓練や、全身黒ずくめに黒いサングラスをした見るからに怪しい不審者が登場する避難訓練も年に2回行います。

日頃は様々なジャンルの音楽が流れている園内に、突如ピンポンパンポーンと鳴ると一斉に静かになり、先生達の近くに集まります。

火事なのか地震なのか放送をしっかりと聞き、地震の時は頭を守ります。火事の時にはどこから出火しているのか放送を聞いて安全なところに移動します。

約2年前に導入した防災頭巾の大切さをお子様方は理解していますので、避難をしたところで静かに防災頭巾を被りながら待機します。

このように自分の身に起こるかもしれない災害等に対応できるよう、訓練を行っています。

『どこから火が出ましたか?』と先生が問いかけると、『調理室!』『隣の家!!』などと、園内放送を冷静に聞きその時々で変わる想定された出火場所を答えてくれます。

子ども達『調理室!』

先生『惜しい!調乳室でした。』・・・という事もあり、難問の箇所も出火場所になります。

(実はその時私も調理室だと思っていて・・・心の中でえっ?!と固まりました。)

 

お迎えの時間に保護者の方に『今日ね、地震があったと!!!』と言って真剣な眼差しでお話しているのを何回か見たことがあります。

それを聞いた保護者様は『地震?今日地震あった?・・・へーそう。』『地震?今日福岡で地震あったかな・・・』と心配されていらっしゃいました。

ゆたか保育園では毎月地震を想定した訓練を行っていますので、もしお子様方からこのようなお話がありましたらその時の様子や気持ちなど感想を聞いてみてください。

お友達とお話しないで静かにできたよ。先生の話聞けたよ。怖かった。と言う感想から、避難訓練の回数を重ねる毎に気持ちの変化も感じられるかもしれません。

 

事務室 マリコ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?