MENU

園のこだわり

♬調理室

2018/11/13

立冬を迎え、カレンダーの上ではもう冬です。

日が暮れるのが早くなり、風も涼しさから冷たさに少しずつ変わってきました。

登園されたお子さまたちが調理室をのぞいて、「この野菜知ってるよ!小松菜!」と言って触ったり、「今日のお味噌汁に入るんでしょ?」など給食やおやつの食材に興味をもってくれます‼送ってこられた保護者の方からも「わぁ~いい匂いがしますね」と言っていただき、毎日、野菜のにおいや感触、出汁の香りを味わっていただいています。

ひよこ組、りす組のお子さまたちは、給食やおやつを食べた後、「食べたよ~おいしかった!おかわりしたよ!」と調理室まで報告(!(^^)!)しに来てくれます♬ニコニコ笑顔で、一人来ると続けてどんどん言いに来てくれます。

言葉も、単語から文章へと変わって、会話がとても上手になったりす組のお子さまたち。

私たちも手をとめて、そのかわいい言葉やしぐさに癒される瞬間です(*^^)v

先日、卒園生が妹さんのお迎えに来られていて、しばらく外で話していたのですが、帰り際に『なんか給食の先生のご飯、また食べたくなった!』と、少し照れながら言ってくれました‼すぐ調理室に戻って先生たちに伝えて「一番うれしい言葉ですね~」と、みんなで喜びました(^.^)

その卒園生は、年長のときに入園されたのですが、短い間でも「保育園の給食おいしかったな!また食べたいな~」と思ってもらえたことに感激しました。

 

今、学校給食も和食が見直されて、和食中心の献立に変わってきています。小学生、中学生、大人になっても、給食の味を思い出してもらえることは、私たちにとってとてもうれしいことです。食べることの大切さや感謝の気持ちを、給食を通して伝えていきたいと思います。

              調理室 ナオコ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?