MENU

園のこだわり

温故知新

2018/12/11

早いもので、今年もあとわずか…

師走に入り、毎日が駆け足で過ぎているように感じます。

 園では、一年を通して四季折々の伝統食や、お子さまの成長と五穀豊穣を祝う行事食、その土地ならではの郷土食を提供しています。先人の理に適った知恵は本当に素晴らしく学ぶことばかりです。一年中保存が効く梅干しやらっきょう漬けは夏バテ防止に効果があり、天日にあてた切り干し大根やひじきはビタミンB1・B2、カルシウム、食物繊維の含有量が増えます。高野豆腐は質の高い植物性の高タンパク質として栄養豊富な伝統的な食材で、園のお子さまたちは大好きな食材です。「干し柿作り」も恒例の年中行事の一つです。先日は、園の一大行事として、「楽しいお餅つき」が行われ、お昼ごはんで、一足早い「お雑煮」をいただきました。日本ではお祝いに欠かせない餅。清々しく新しい年を迎えるための準備です。新年のお供え餅も作り貴重な経験をしました。

12月22日は冬至ですね。この時期に不足しがちな栄養源として、夏から保存が効く「かぼちゃ」(なんきん)や、「〇ん〇ん」がつく「にんじん」や「ぎんなん」など、「運がつく」として冬至にいただき、血行を促進する柚子湯に入り、邪気を払うという風習も先人の知恵ですね。「温故知新」古きを温ねて新しきを知る!園の食事を通して、伝統的な食材はもちろん、年中行事や行事食、郷土食を次世代へ繋ぐ大切な役割として、これからもお子さまの成長とともに繋いでいきたいと思います。

                              調理・ちよこ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?