MENU

園のこだわり

♪旬の食材♪

2019/02/12

暦上では春を迎えていますが、温かい春の日差しが届くのは、もう少し先のようですね。まだまだ厳しい寒さが続く中、ゆたか保育園で育てているお野菜は収穫の時期を迎え、今日のお給食の酢の物には園で採れたブロッコリーが使われています。収穫は、お子様たちが率先してしてくれて、調理室まで持ってきてくれています!

みなさんは、”旬とは何か”ご存知ですか?

旬とは、その食材がほかの時期よりも新鮮で美味しい時期のことです。また、この旬が楽しめるのは、四季のある日本ならではのことです。

旬の食材は栄養価が高く、食材そのものの旨味が”ぎゅっと”詰まっています。例えば、冬が旬である”ほうれん草”は、100g当たりのビタミンCが夏の時期では20gであるのに対し、旬の時期には60gと3倍の違いがあります。

ゆたか保育園のお給食では、旬の食材を積極的に取り入れ、旬を活かしたお給食が提供できるよう心がけています。

ほんの一部ですが、保育園でよく提供する冬野菜について紹介します。

・大根・・・皮にはビタミンC、葉にはβ‐カロテンやカルシウム4が多く、根には消化酵素のアミラーゼが豊富で、胸やけや胃もたれを改善してくれます。

・白菜・・・冬に甘みが増し、ビタミンC、カルシウム、β‐カロテンが多く、体を温める作用があります。豚肉と合わせると、風邪予防にも効果があります。

・小松菜・・・カルシウムは、ほうれん草の約5倍で特にビタミンA,Cは100gで一日の所要量を満たすことができます。

・ゴボウ・・・食物繊維が多く、腸内環境をよくし、動脈硬化を予防することができます。ゴボウに含まれるオリゴ糖には善玉菌を増やしてくれるため、便秘の予防効果があります。

旬の食材は安価で美味しく食べることができます。ご家庭でも、ぜひ取り入れてみては、いかがでしょうか?

調理室   マユミ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?