MENU

園のこだわり

まだまだ続く熱中症の危険

2019/08/07

“台風シーズンの到来”やって来ました。

8号、9号と10号まで発生しています。

今年はこの後何号まで発生するのでしょうか

 

お天気に気をつけながらの生活は

当分の間続くと思われます。

まだまだ、熱中症には注意が必要です。

 

○熱中症になりやすい人

子供→体温調節機能が未発達で大人より

背が低く、地面からの輻射熱(照り返し熱)の

影響を受けやすい。

高齢者→暑さへの適応能力が低下している

 

○熱中症の症状とは?

軽度→めまい、立ちくらみ、筋肉痛、

汗がとまらない

中等度→頭痛、吐き気、体がだるい(怠惰感)、虚脱感

重度→意識がない、けいれん、高い体温

呼びかけに対し、返事がおかしい

まっすぐ歩けない、走れない

 

○具体的な対応は?(意識がある場合)

・ただちに全身に水をかけたり、

濡れたタオルを当て体を冷やす

・水分補給(塩分、糖分が含まれた経口補水液)

や、スポーツドリンクがおすすめ

※水分補給の注意点として

・カフェイン入りの飲料、コーヒー

緑茶、紅茶等

・体のどこを冷やすのか

 

 

ゆたか保育園では室温管理をしながら

子どもたちはしっかりと屋内・外で体を

動かすことをしながら保育をしています。

家庭では、以前もお話ししたと思いますが

十分な食事(朝・昼・夕)と睡眠に気をつけて

保護者の方々も熱中症罹患はあります。

涼しくなるのはまだまだ先だと

思いますので十分に気をつけて

いただきたいと思います。

 

としこ

 

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?