MENU

園のこだわり

ゆたかSecond保育園(9)

2019/09/20

9月も半ばとなり、朝晩は過ごしやすくなりました。澄んだ青空も見られ、少しずつ日暮れの時間も早まり秋の気配を感じます。

先週の9/14は十五夜でした。十五夜にちなんでお昼の献立は団子汁でした。 ゆたかSecond保育園のみんなでお団子を作りました。

ひよこ組のお子様達は、長く伸びるお団子を不思議そうに眺めていたり、手に付いたお団子を剥がそうとグーパーグーパーしたりと感触を楽しみました。

りす組のお子様達は、両手で細長く作れたお友達や、お団子の感触が苦手なお子様もいました。

こぐま組のお子様達の部屋を覗くと「先生みて!」と大きな声が聞こえました。丸めたり、細長くしたり、平べったくしたりと夢中に取り組む姿が見受けられました。

ゆたかSecond保育園のみんなで作った団子汁を私たち先生達も頂きました!お子様達が作ってくれたお団子を見るととても微笑ましく、食事が楽しくなりました。

“食育の土台は家庭から”と言われるように、家庭では子どもと「食」を楽しむこと、食への興味の土台を作ることを第一にすることが大切です。幼児期から「食」を通じてご家族やお友達、地域との関わり、食の楽しさや安全に興味を持つことで、心も体も健康に育っていきます。

ぜひ、ご家庭で楽しく食卓を囲むことから始めてはいかがですか。

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?