MENU

園のこだわり

ゆたかSecond保育園 和食の日

2019/12/04

日本は海・山・里と豊かな自然に恵まれ、多様で新鮮な旬の食材と、うまみに富んだ発酵食品、米飯を中心とした栄養バランスに優れた食事構成をもつ、「和食」の文化があります。

「和食」は食事の場における「自然の美しさ」の表現、食事と年中行事・人生儀礼との密接な結びつきなどといった特徴を持つ、世界に誇る食文化です。

日本の秋は「実り」の季節であり、「自然」に感謝し、来年の五穀豊穣を祈る祭りなどの行事が、全国各地で盛んに行われる季節でもあります。

日本の食文化にとって重要な時期である秋の日に、毎年、一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけの日となっていくよう願いをこめて、11月24日を“いい日本食”「和食」 の日と制定されました。

 

今年は24日が日曜日でしたのでゆたか保育園、Second保育園では22日を和食の日にしました。

炒めた野菜の旨味と干し椎茸のだし、調味料がよく染みた五目御飯と脂の乗った旬のブリ大根、旬の柿と味噌風味でさっぱり食べやすい柿と野菜の酢味噌和え、そしてらうす昆布と干し椎茸、かつお節のだしの効いたお野菜たっぷり和風スープとぬか漬けなどそれぞれだしや食材の旨味が活かせる献立を作成しました。フォーク、お箸入れもあり、いつもと少し違うお昼ご飯にわくわくしていました。

これからも日本が昔から大切にしてきた和食を行事などを通してお子様に伝えていきたいと思っております。

 

                                                    ミズホ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?