MENU

園のこだわり

ちびっこ先生 登場‼

2017/08/30

毎日、暑い日が続いていますが、一時保育のお友達も汗をかきつつプールで水鉄砲をしたり、シャワーを浴びたりと、夏ならではの体験をしています。

 現在0~4歳のお友達が8~10名いて、みんなで歩いてシャワー室までいくのですが、歩き出したばかりのお子さんがお部屋では平気なのに、いざ、テラスに出ると、少しの段差も気にして、用心した様子で、両手をついて這う姿が微笑ましく、保育士に頼らず頑張っているんだなあとうれしくなりました。

 

昨日まで用心深かったのにすべり台がのぼれるようになったよ。

また、シャワーを浴びている間、絵本をみて待っていますが、2歳の女の子が、保育士の真似をして、お友達に向かって絵本を見せてくれたり、はたまた、「お部屋に帰りますよ。」と声をかけると、3歳の男の子達が、それぞれ絵本を半分ずつ抱えてお部屋までもってかえってくれたりもします。お部屋に帰ってからも、お茶を飲もうと、テーブルに全員の水筒を並べると、自分の分より先に、小さなお友達の水筒のふたをあけてあげたり、ストローを口まで運んであげようと優しく接してくれる姿は、ただただ感心するばかりです。

 

お外遊びをしたら、お茶がおいしいね。

 

「エプロンつけてあげるね。」

 

 いろいろな生活の場面での保育士の姿をしっかりみていて、今度は私が(僕が)やってあげたいとおもうのでしょうね!

 ちびっこ先生がたくさん増えて、おもちゃの片付けや、最近はお昼寝のお布団敷きまではりきってやってくれます。その様子を、お母様にお伝えすると、「おうちではしないのにね~。」とよく言われます。「保育園で○○ちゃんが、ちびっこ先生してるの~?」「おうちでも先生になってくれる?」と誉め励ましてあげるといいかもしれませんね。おうちでは、末っ子だったり一人っ子のお子様が、保育園では、お兄ちゃん、お姉ちゃんになって、たくましく小さなお友達のお世話をしてくれます。

 そして、小さなお友達もお兄さんたちの姿をしっかりみています。僕だってできるもん!私だってできるもん!毎日の生活の中で、少しずつ成長している姿を見逃さず、「今日は何して遊ぼうかな?」のわくわくにつなげていきたいと思います。

 

一時保育担当  キヨミ

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?