MENU

園の理念

園の理念

関わる人々の人格が磨かれていく関係性を創造し、善い社会を創る

理念を実現されるために大切にしていること(こだわり)

大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子どもたちが持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~

    

私は両親の勧めもあって、保育養成校を卒業後に約20年間、保育園に勤めていました。
しかし、一斉画一な保育を行っている自分自身や、子どもよりも大人の都合を優先する体質の中で長年悩み、苦しんでいた中、引っ越しが決まり、保育業界から離れました。そして新たに老人介護の仕事をしようと思い、短期大学の資料を取り寄せていたところ世の中を震撼とさせる事件が数多くあり、その度に大変なショックを受けました。

本来、子どもはこんな風には育っていかないはずです。
これは、絶対に社会が悪いんだと思ったんです。あんな残虐な事、普通に育っていたら絶対にしないはず。両親や社会に可愛がってもらっていたら絶対にそうはならないと感じたんです。そこで私は、善い社会創りに貢献する為に、やはり子どもたちを助けてあげなくてはと思い、今日に至ります。

「関わる人々の人格が磨かれていく関係性を創造し、善い社会を創る」

を理念としているのもその為です。

そして、その理念を実現していく為に「大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子どもたちが持つこと」を保育園での大切なこだわりとして実践していきます。

大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子どもたちが持つことこの為に大切にしていることをご紹介します。

食べること

栄養の塊である玄米を食し、いりこ・あじこ・鰹節・昆布等を粉にし、だしをとり無添加の味噌で味付けをした味噌汁、野菜をたっぷり使った煮物・酢の物・漬物梅干し・らっきょう等で和食の本物の味を食することで、食を通して子どもは温かい心(感謝・思いやり・自分で考える)を培うと考えています。

体力をつくること

地球温暖化が急速に進み、気温30度を超える日が多くなり熱中症で倒れる人が多くなる中、子どもが生きていくためには体力は必要不可欠で幼児期からの基礎体力が必要と考え、体操とランニングに加え専門家による体育指導で体力強化を図ります。

精神力をつくること

昨今少子化が進む中、一家庭の子どもの数が一人か二人が多くを占めています。これでは家の中で我慢をすることが少なく、子ども同士の関係が築けなくなり人間関係が希薄に育つことで社会性が身につかないまま育つことになります。
そこで、幼少期から日本文化である武道(武神会空手)にふれることにより礼儀・集中力・忍耐力・人との関わり方を感じ取ります。

知力の環境を作ること

音楽や英語が聞こえてくる環境をつくり、この時期にしか発達しないとされる聴覚能力を引き出し音楽や英語を楽しみます。
特に英語はグローバル化が進むこの社会に必要と考え大事なこの時期にアメリカの人講師の発音を楽しく聞くことで正しい発音や単語を経験します。

日本の文化を知ること

「動」の日本文化を空手によって体験し、「静」の日本文化を茶道(小笠原流煎茶)によって体験することで日本の古式文化を知り、ゆたかな心を感じます。

異年齢児保育

異年齢児保育を取り入れ、子ども同士の人間関係をより深く感じ取り将来の生きる力を育み合います。

先生たちの人間的な成長

先生たちは子どもたちに寄り添う一番の環境です。
セミナーや様々な園見学、園内研修はもちろん、人間形成に役立つ本の貸し出しなど、先生たちが人間的にも、専門家としても成長できるような環境を大切にしています。

ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
ゆたか保育園のこだわり 大人によって愛され、守られ大切にされている実感を子ども達が持つこと~善い社会を作っていく為に、あたたかい心を育んでいきます~
理念ブログ 園からの理念の発信です 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?